取引あっせん/福岡県中小企業振興センター

取引あっせん

取引あっせんの推進

情報取引推進課では、加工技術、設備、生産管理、新規取引先の開拓、販路の拡大、他部門への進出等、中小企業が抱える課題について、相談に応じています。

下請中小企業振興法に基づき、県内下請中小企業の振興・育成等のために、新たな仕事をお探しの中小企業・新たに仕事の依頼先をお探しの発注企業に対し、それぞれの取引内容にあった企業の紹介あっせんを行っています。
福岡県内だけではなく、仕事の内容や希望地域によっては広域のあっせんにも応じます。

対象企業

福岡県内に事業所があり、製造(加工を含む)・修理事業および情報成果物作成または役務提供事業を引き続き6ヶ月以上経営している企業が対象となります。

あっせんの流れ

取引あっせんの流れ 取引あっせんの流れ

取引情報の収集・提供

フクオカビジネスマッチングサイト

県内外の受・発注企業を巡回・訪問し、現場で得た発注情報や新しい設備や製品などに関してPRできる情報など、中小企業が必要とする取引情報を収集し、提供します。

当センターが運営する「フクオカビジネスマッチングサイト」で受・発注情報を発信しています。

>>サイトはこちら

オンライン商談に対応

オンライン商談実施中

新型コロナウイルス感染症の影響により、営業活動の自粛、展示会・商談会の相次ぐ中止など、 企業活動が大幅に制約されている中、事業者の受注機会の確保や非対面型の営業活動の促進を図ることを目的とし、協力会社を探している発注企業の要請により、オンライン商談を実施しております。

中小企業取引条件改善講習会の開催

下請取引に関する標準約款の普及、下請中小企業振興法及び下請代金支払遅延等防止法の周知徹底を図るため、講習会を開催しています。

取引に関する苦情

下請取引により生じた苦情・紛争に対し、その解決の相談及び弁護士による無料法律相談を実施しています。

お問い合わせ

経営支援部 取引支援室 情報取引推進課
TEL:092-622-6680 FAX:092-624-3300

トップへ戻る